2019年 1月 21日 (月)

2018年「今年の女性」トップはやっぱりあの人・・・『平成』に寄り添った歌姫

印刷

   2018年に話題になった「ニュースな女」トップ30を女性1000人に聞いた。

   1位は9月に引退した安室奈美恵。沖縄の最終ライブでは会場の外までファンがあふれた。秋山千佳(フリージャーナリスト)は「平成を安室ちゃんで振り返られる人でした」

   2位は日本人で初めて全米オープンを制したテニスの大坂なおみ選手だ。決勝の相手セリーナ・ウィリアムズの優勝を望んだファンに、「こんな結果になって、ごめんなさい」と謝ったスピーチは話題になり、独特のなおみ節が人気を集めた。

   堀尾正明キャスター「すみませんとは、なかなか言えませんよ」

   司会の国分太一「語りかけてくるインタビューも注目されました。これからも盛り上げてくれそうです」

俳優としても女としても見事!樹木希林

tv_20181228113042.jpg

   3位は、亡くなった俳優、樹木希林。45年のつきあいだった浅田美代子が「仕事に関しては怖かった。役作りの人間観察の仕方を指導されました。師であり、母であり、姉であり、親友でした」と語った。

   司会の真矢ミキ「良い時も悪しき時も寄り添ってくれる、こんな人がいたら人生が豊かになると思います」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中