2019年 2月 21日 (木)

インフルエンザでもうろう?ホームから転落して死亡!無理して会社に行かなければ・・・

印刷

   インフルエンザで意識がもうろうとしていたのか、37歳の女性会社員が22日午前9時半過ぎ、東京メトロ日比谷線の中目黒駅ホーム中央付近で線路に転落、侵入してきた電車の車両に足と胸を挟まれ、搬送先に病院で死亡が確認された。目撃した人によると、「フラフラしながら歩いていた」という。

   亡くなった女性の妹は、「姉は19日から体調を悪くして、インフルエンザかも知れないと話していました。21日は会社を休んだんですが、22日は出勤して行った」と話す。

重症化すると意識障害

tv_20190123153027.jpg

   池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は注意を呼びかけた。「亡くなった女性はインフルエンザを発症し、重症化して意識障害を起こしていた可能性があります。体調不良を感じたら、早めに医師の診察、治療を受けてください」

   司会の羽鳥慎一「会社もそうだし、社会的にも、もしインフルエンザに罹ったら、休みやすい状況を作ってあげることが大事ですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中