2019年 2月 21日 (木)

牛丼「すき家」バカ店員!股間にオタマあて悪ふざけ―投稿動画に「くびかくご」

印刷

   牛丼チェーン「すき家」のアルバイト店員に、店内で悪ふざけする動画を投稿して得意になっているバカ者がいた。制服姿の店員2人は、「やばい、やばい。これ絶対クビ」などと笑いながら氷を床に散乱させたり、オタマを股間にあてたりしている。画面には「くびかくご」と文字が入っている。

   すき家の運営元である「ゼンショーホールディングス」は、動画が関東地方の店舗で撮影されたことを認め、アルバイト店員は客のいない間に撮影し、SNSに24時間限定で公開したという。アルバイト店員を処分する方針だ。

なぜなくならないのか?不適切投稿

tv_20190130121648.jpg

   店員による不適切行為のSNS投稿が広がり始めたのは2013年ごろからだ。コンビニでアイスクリームの販売ケース内に寝そべったり、ハンバーガーチェーン店で大量パンの上に大の字になったりして、写真が投稿された。冷凍庫から顔を出す店員の写真が投稿されたステーキ店や、店員が食器洗浄機に入るなどした店は、いずれも閉店に追い込まれた。

   若者の心理に詳しい新潟青陵大学の臼井真史教授は、「世の中でそういうトラブル(不適切動画への批判)が起きているのを見ても、それが自分の身に起こるとは考えないんですよね」と、バカ者が後を絶たない背景を指摘している。

   司会の加藤浩次「店側としても大変な損害ですね。テレビとしては、こんなバカたちは黙殺するのが一番じゃないでしょうか」

   松田丈志(競泳元日本代表)「アルバイトという社会の場でこういう悪ふざけをすると、これだけ大きな影響が出るという想像力の欠如を感じます」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中