2019年 8月 23日 (金)

他人の家に使用済みティッシュ捨ててた会社経営者を逮捕!「不快に思わせたかった」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「福岡市で他人の家にティッシュを投げ捨てたとして、男が25日(2019年2月)に逮捕されました」

   リポーターの阿部祐二が現場から伝えた。「公園ではたくさんの方がジョギングなどを楽しんでいますが、ジョギングの帰りに鼻をかんだティッシュを投げ込んだと見られています」

   容疑は廃棄物処理法違反だ。

近所でも評判の悪いオヤジ!「すぐ怒鳴る」

   捕まったのはリフォーム会社経営の岡勢省二容疑者(55)で、今月5日午後7時45分ごろ、福岡市内の民家の駐車場に使用済みティッシュぺーパーなど8点を捨てた疑いだ。被害宅は「12年くらい前から、家の駐車場や敷地に断続的にゴミのティッシュが捨てられているので困っている」と去年(2018年)3月に警察に相談していた。

   玄関先に張り込んでいたところ、男がティッシュを捨てているのを発見、110番通報した。被害に遭った家の住人との面識はなかったという。

   どんな男なのか。近所の人に聞くと「見た目もコワモテの印象で、ガ―と怒鳴ったりして、以前から目立っていた」という。男は動機について「3~4年前からジョギングの帰りに鼻をかんだティッシュを毎回決まった家の駐車場に捨てていた。住人が驚いたり、不快に思ったりするのを想像して嫌がらせしていた」と話している。

   ティッシュで逮捕されるとは思っていない方かもしれない。それにしても、近隣トラブルは、どこに何があるか分からない。

一ツ石

文   一ツ石
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中