2019年 11月 12日 (火)

首都圏三国志大波乱!「翔んで埼玉」100万人突破!しかし、横浜「○○こ」の乱入でどうする千葉?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   映画「翔んで埼玉」の観客動員数が100万人を突破した。イメージをさらにアップさせる新名所まで誕生したというので、千葉県出身の小林廣輝アナが探訪に出かけて、たちまちハマって帰ってきた。ところが、さらに上が横浜に誕生したらしい。これが驚き桃の木......世界初という。

千葉「TDR」に張り合えるか、埼玉「ムーミンバレーパーク」

   埼玉と千葉の張り合いで常に千葉が誇るのが、「海」と「東京ディズニーリゾート(TDR)」だ。埼玉県民の悔しい思いを跳ね返せるかというのが、16日(2019年3月)飯能市にオープンした「ムーミンバレーパーク」。北欧を代表するキャラクター、ムーミンの世界観を体感できるテーマパークだ。むろん日本初。

   池袋から特急で約40分の飯能市の丘陵地に展開する。小林アナは17日の日曜日に訪れた。ディズニーランドとはムードが違う。ムーミンやママの着ぐるみが現れてたちまちとりこに。

   人気アトラクション「海のオーケストラ号」では、若き日のムーミンパパの冒険を映像で楽しめる。スイーツを食べて、湖面を渡るアドベンチャーも体験して、お土産グッズを抱えて帰ってきた。リトルミイちゃんのぬいぐるみまであった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中