2020年 10月 25日 (日)

大河「いだてん」ヤマ場のマラソン 「訳がわからん」「白けた」と怒りの声にNHK公式説明は?

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   NHK大河ドラマ「いだてん」は24日(2019年3月)、ついに金栗四三(中村勘九郎)がストックホルム五輪のマラソンに出場する前半戦のヤマ場を迎えた。

   しかし、途中で行方不明になったと思ったら、いつの間にか宿舎で寝ており、本人も記憶を喪失、「すんませ~ん、すんませ~ん」と探していた加納治五郎(役所広司)らに謝る予想外の展開となった。

「何度も通ったスタジアムなのに、なぜ道に迷うんだ?」

   マラソンシーンに若き日の古今亭志ん生(森山未來)が人力車を引いて爆走するシーンがかぶさるなど、「演出が凝りすぎて訳がわからん」「せっかくのクライマックスなのに白けた」という批判の声がネット上にあふれた。

   怒りの声で多かったのは、金栗四三らが五輪会場に行くのに迷ったシーンだ。

   「今まで何度もトレーニングに通ったスタジアムだよ。開会式も三島さんの応援にも行った会場だよ、なぜ迷うんだよ。なぜ大森監督は、マラソン選手におんぶさせるんだよ。金栗を疲れさせる演出としか思えない」

   「マラソンが、前半のハイライトと思っていたので、正直がっかりした。なんでマラソンの途中に、子どもやたけしや森山さんが曳く人力車や、地元の面々が出てきたりするのか。この回は、純粋に走る四三の姿を映し出すだけの、シンプルにストレートな話にすべきだった。マラソンは単調だが、奥行きが深く、スタートした時と意識不明となり道端に倒れ込むまでがドラマであって、よけいなものを持ち込むべきではない。少なくともたけしだけは入れるな。宮藤官九郎は、やっぱりスポーツを分かっていない」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中