2019年 9月 23日 (月)

東京杉並・女性保育士殺害事件で同僚の男を逮捕 屋根伝いに侵入する「目的」は何だったのか?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京都杉並区のアパートで保育士の照井津久美さん(32)が殺害された事件で、同じ乳児院に勤務する保育士の松岡佑輔容疑者(31)がおととい3月30日(2019年)殺人の疑いで警視庁に逮捕された。

   照井さんの体にあったDNAが松岡容疑者のものと一致したというが、松岡は容疑を否認している。31日に東京地検に送られた松岡容疑者の首回りには左右2カ所にまだ新しいひっかき傷があった。

計画的だが、殺意はなかった?

tv_20190401111700.jpg

   照井さんのアパート前から岸本哲也リポーターが「犯人は外廊下から屋根に上り、屋根伝いにベランダに降り、侵入したと思われます」と報告する。ベランダの窓ガラスはバーナーで鍵の周囲を焼き切る「焼き破り」という空き巣に多いやり方で開けられていた。

   キャスターの伊藤利尋アナ「こんなことがパッとできるものか、強い気持ちを感じます」

   古市憲寿(社会学者)「事前準備の可能性もありますね」

   元刑事の吉川祐二さんは「計画的犯行の可能性はあるが、殺意はなかったのではないか」という。そこは今後の調べだ。

   岡部磨知(バイオリニスト)「命を預かる職業(保育士)の人がこんな事件にとは驚きました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中