2019年 6月 19日 (水)

自販機・自動清算でお札が戻ってきてしまう―原因はあなたの手だった!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

    自動販売機や券売機、コインパーキングなどの自動精算機などにお札を入れても、戻ってきてしまう。シワを伸ばしても、そおーとやっても受け付けてくれない。玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)も「よくある」。なぜなのか。

   紙幣識別機製造メーカー「日本コンラックス」の企画推進部・吉田真一氏は「お札のシワは影響がない」という。ためしに、シワだらけの1000円札を切符券売機で試してみると、確かに受け付けてくれる。

   吉田氏によると、最大の原因は皮脂などの汚れだ。識別センサーはお札の色、模様、サイズ、透かしで識別しているが、皮脂汚れでそれらを識別できなくなると、お札を受け入れなくなるという。

前後、表裏を変えて再度挿入

   野上アナ「つまり、お札をこすってシワを伸ばすと、皮脂がついて、かえって悪影響になるんです」

   玉川「どのお札を入れても戻ってくる人もいるよね。おじさんは脂ぎってることが多いから、そういうことなのか」

   戻ってきてしまうとき、何かいい方法はあるのか。まずはお札の入れる方向を変えてみる。それでもだめなら裏返し。

   司会の羽鳥慎一「前後、裏表4通り試してダメな場合は、かなり脂がついているということですね」

   そのときは、お札の表面をハンカチなどで拭き皮脂を落とす。高木美保(タレント)は「お札を拭いたら、今度はハンカチが使えなくなる」。ティッシュでもいいいわけで、「女性が使うあぶら取り紙なんかがいいのではないでしょうか」(高木)

   別のお札にするほうが早くない?

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中