2019年 5月 24日 (金)

チコちゃんが叱られた!東京新聞投書欄に「下品な言葉でののしるな」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   いまやNHKの最強キャラ「チコちゃん」が、東京新聞(2019年5月16日付)の放送番組の投書欄「反響」で、72歳の男性に叱られている。5月3日の「チコちゃんに叱られる!」(よる7時57分)は、憲法記念日だというのに一切触れず、写真を撮るときの「はいチーズ」やスリッパの由来など、「どうでもいい雑学ばかり。それを知らないからといって、民放顔負けの下品な言葉でののしる様子には呆れた」と手厳しい。

近ごろ目立つ「ボーっと」の乱発と楽屋落ち

   まあ、バラエティーなのだから、そう固く考えることもないが、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言うのがお気に召さないらしい。たしかに、近ごろはこの決めゼリフは乱発気味で、これを言うためにゲストを間違った答えに誘導するということが目立つ。また、いじりも楽屋落ちのことが多く、チコちゃんのからかいが鼻に付くようになってきた。

   言われて初めて気付く「素朴な疑問」の着眼点の鮮やかさ、分かりやすく楽しい解説という、人気の原点を忘れないでほしい。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中