2020年 11月 28日 (土)

日本列島2日連続の猛暑日!熱中症予防にエアコンが欠かせないが、つけっぱなしがよくない理由

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   きのう27日(2019年5月)も暑かった。東京で今年初の猛暑日になり、北海道東部は2日連続で猛暑日だった。「これでは人体や自然に大きな影響が出ます」と、司会の小倉智昭が呆れた顔で伝えた。

 

   おととい26日の最高気温38・8度に続いて、きのうも35・8度に達した帯広市では、6月初旬まで見ごろのはずのチューリップ10万本が暑さと乾燥で枯れてしまい、「まるで畑にドライフラワーが咲いている状態」(地元の農園)となった。レールの変形を恐れて列車多数が運休した。

tv_20190528121214.jpg

いま汗腺を鍛えておけば、夏に備えることができる

 

   関東地方でも、東京都町田市で体育祭の練習をしていた生徒24人が熱中症にかかり、8人が病院に搬送された。埼玉県羽生市では、88歳女性が畑で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。水戸市でも、40代女性がスーパー駐車場の車の中で意識不明で見つかり、死亡した。

 

   気象予報士の天達武史は「5月の熱中症は危険です。あまりに急な暑さで体調管理ができません」と注意を呼びかけた。汗腺の準備ができていないため、夏より低い気温でも熱中症になりやすい。目に見えるほどの汗をかいたら、エアコンで冷やす必要がある。ただし、乾燥してきたら止めるか、適温に下げてほしいという。

 

   山崎夕貴アナ「肌にジンワリがいいのですか?」

 

   天達「しっとりするぐらいの温度設定がいいです。いま汗腺を鍛えておけば、夏に備えることができます」

 

   小倉「鍛えるのは時間がかかりますよ」

 

   きょう28日は気温がいったん下がるが、湿度は上がるそうで、エアコンの適正管理が重要だ。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中