2019年 7月 18日 (木)

〈ヤバい話のHow Much?~ヤバい法律相談~〉(テレビ朝日系)
元AKB・西野未姫「ベッドで付き合おうって言われて毎回あさ6時まで」お馬鹿で生々しいセフレ話に小峠も呆れた

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   今年(2019年)4月スタートの「陸海空 こんなところでヤバいバル」がたったの3か月で終了し、7月に開始されたのが、この「ヤバい話のHowMuch?~ヤバい法律相談~」だ。司会は引き続き「バイきんぐ」小峠英二と大石絵里だが、小峠は「ついにこんな時間帯まで追い込まれましたよ。深夜2時はもはや早朝です」と自虐全開である。

   「ヤバいバル」は美女10人が10日間山の中でサバイバル生活を送り、10人で計10キロ太ることができれば全員に100万円を贈る、というような企画をやっていた。この美女たちとスタッフは続投だが、ロケ要素は一切なくなり、美女たちが過去に体験したヤバいエピソードから、それを法律的に訴えたらいくら取れるか、弁護士3人が算出するというスタジオトーク企画に様変わりした。

西野未姫が彼氏から受けた仕打ちは「慰謝料0円」

   初回のテーマは「ダメ男のヤバい話」。元AKB48の西野未姫(20)がAKB卒業後に付き合った彼氏のことを相談した。4か月の交際でラブラブ期間は最初の2週間だけだったという。土日は「親にGPS付けられているから出かけられない」と普通のデートもなかったらしく、出演者から「それ本当に付き合っていたの?」とツッコまれる。

   西野は「毎回夜11時集合、朝6時解散で会っていた」という。最年少19歳の井上咲楽に「その夜って、何をやっているんですか」と聞かれた西野は「色々と...大人の夜を」と濁す。

   さらに付き合った経緯を聞かれ、「友達の紹介で告白されて、ベッドで『付き合おう』って言われたんですよ」と答える西野に、小峠が「セフレだろ、だから!ずっとセフレの話をしているだけだよ」とピシャリ。弁護士の1人から「何日くらい夜を過ごしましたか」と聞かれると、「7回とか。毎回そういう行為をしている訳じゃないんで」と洗いざらいさらけだす西野だった。ちなみに弁護士の見解は3人とも「0円」。

   全体としては「ヤバい話」というよりは生々しいリアルな話のオンパレードで、これはこれで面白いかもしれない。今までのシリーズも「生々しさ」がウリだったし、企画の変貌ぶりというか迷走ぶりも、このシリーズの特徴が良くも悪くも引き継がれているといえるだろう。(7月3日深夜1:59放送)

鯖世傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中