2020年 10月 26日 (月)

17歳の佐々木朗希投手に世界が大注目! 岩手県が続々と剛腕投手を輩出する理由は

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   160キロを超える速球を投げ、海外からも注目される高校球児がいる。「令和の怪物」と異名を持つのは、岩手県立大船渡高校の佐々木朗希投手(17)だ。

   佐々木投手対策で、岩手県内の野球部では時速170キロの球を打つ練習をさせられている。そのスピードをピッチングマシーンで体験して見るとは「わー、見えない!」(司会の国分太一)、「ジンジンきそう」(司会の真矢ミキ)、「しゃっくりしてたら止まるね」(千原ジュニア)と悲鳴に近い声が上がった。

明治維新に負け、コツコツ努力して薩長に勝つんだ

tv_20190723144723.jpg

   さて、岩手と言えば、二刀流で世界を魅了する、米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手や、大谷選手の花巻東高校の先輩で、今年(2019年)からシアトル・マリナーズに所属する菊池雄星投手なども輩出した県。集中的に岩手から剛腕投手が誕生するには理由があるのだろうか?

   都道府県の県民性に詳しいディグラム・ラボの木原誠太郎所長は「岩手県民はものすごくこだわりが強い。ゴールが決まると、それに向けてコツコツと頑張ります。そういう県民性が大成する人間を育む土壌になっていると思う」と話す。

   そのストイックさは歴史的に説明ができるという。岩手県歴史研究家の藤井茂さんによると、「明治維新のときに負けた。そこから色んなものにすぐ飛びつくというより、地道に勉強して仕上げていこうという姿勢になった」というのだ。負けたことを機に「貧しいけれど勉強しろ」「勉強で薩摩長州に勝つんだ」という志と勤勉さが県民に浸透していったというわけだ。まさに、岩手県民の心には宮沢賢治の「雨ニモマケズ」精神が宿っていると言える。

   また、環境風土も大きく影響している。広大な土地に自然が多く残る岩手県は、スポーツをするには最適だ。加えて保護者の全面的なバックアップもある。岩手県の中学校の部活動加入率は92.8%で全国1位。県高野連前理事長で現水沢高校野球部の佐々木明志監督は「保護者もすごく理解があって、勉強も大事だが、それ以上に部活動で学ぶものが大きいと感じている」と話す。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中