2019年 9月 22日 (日)

あおり男と同乗のガラケー女ついに逮捕、2人そろって往生際の悪さ それにしても罰則が軽すぎ!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今月10日(2019年8月)、常磐自動車道であおり運転の末24歳男性に暴行を加え、全国指名手配されていた会社役員宮崎文夫容疑者(43)が昨日18日午前、大阪市東住吉区で逮捕された。あおり運転の車に同情、被害者を殴るところをガラケー(携帯電話)で撮影していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)も犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕された。

「生野署に出頭させろ」と叫びながら抵抗、女も「乱暴やめて」

tv_20190819111522.jpg

   炎天下にもかかわらず黒の長袖パーカーにベージュの帽子、さらにサングラス、マスク姿の宮崎容疑者。「喜本さん、喜本さん」と愛人の名を叫びながら警察官に対しては「自分から生野署に出頭させてください」と激しく抵抗。

   一方、喜本容疑者も「なんでそんな乱暴するの。ひどすぎるよ、あんたたち」と警察車両に乗ろうとしない。結局捜査員に押し込まれるように車に乗せられた宮崎容疑者は、今朝までに茨城県警の2つの警察署に別々に移送された。2人とも容疑を認めている。

   宮崎容疑者のあおり運転は常磐道だけではない。愛知県の新東名高速道路や静岡県内の国道のほか、名神高速道路でも危険な運転を行っていたとみられている。あおり運転を受けた男性は「抜かれた後に強引に割り込まれて急ブレーキ踏まれた。抜かしていった先でも(別のクルマに)何回も繰り返していた」と恐怖を語った。

   宮崎容疑者は、自らがオーナーのマンションでは、駐輪場を自分専用の駐車場に変更するなど、住民ともトラブルを起こしていた。住人たちは「トラブルメーカー。折り合うところがない」と語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中