2019年 10月 19日 (土)

文在寅「最側近の疑惑」必死の目くらまし!あす29日に急きょ朴槿恵前大統領の最高裁判決

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   文在寅韓国大統領の最側近で、法相候補に指名された曺国(チョ・グク)氏(54)をめぐる疑惑で、ソウル中央地検特捜部はきのう27日(2019年8月)、高麗大学やソウル大学大学院など4大学を強制捜索した。チョ氏の娘(28)が不正入学し、奨学金を不正に受給した疑いがあり、業務妨害や収賄に問われる可能性が出てきたからだ。

   金慶珠さん(東海大教授)は「韓国で、現政権の側近に強制捜査をかけるのは前代未聞」という。チョ氏をめぐっては、息子の兵役逃れや妻の資産隠しも指摘されていて、皮をむくように疑惑が続出することから「タマネギ男」と言われ始めた。

   「今後の展開によっては、政権の命運もわかれます」と金教授は指摘する。

あまりにもミエミエ・・・支持率さらに低下で悪循環

   日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄も、国民の怒りをそらす「スキャンダル隠し」だったのではないかという報道もある。朴槿恵前大統領に対する最高裁判決があす29日に出されると急きょ決まったことも、関心をそらす一環だと批判されている。

   金教授「ここまで重なると、なんらかの思惑や忖度があったのではないかと勘ぐってしまいますが、チョ氏の疑惑が大きすぎて、何をぶつけても隠し切れないのに、やろうとしています。そこでさらに支持率が下がる悪循環が起きています」

   来週にチョ氏問題の国会聴聞会が開かれる。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中