2019年 10月 18日 (金)

リレー侍、アジア新で堂々の銅メダル 「安全策はやめよう」信頼のバトンパス

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
 

   中東のドーハで開かれている陸上世界選手権で6日(2019年10月)、男子400メートルリレー決勝で多田修平、白石黄良々(きらら)、桐生祥秀、サニブラウン・A・ハキームの日本チームが37秒43のアジア新記録で銅メダルを獲得した。

 

   司会の国山ハセン「仲間の一言が好タイムにつながりました」

tv_20191007104722.jpg

進化型のアンダーハンドパス

 

   それはバトンタッチのことだ。日本チームは予選を3位で通過し、決勝進出を決めた後、桐生がサニブラウンに「安全策はやめてくれ、絶対に(バトンを)渡すから」と話しかけたという。腕を大きく伸ばしてバトンを受け渡す「進化型アンダーハンドパス」をやろうという意味だった。

 

   選手間の間隔を開けてバトンタッチすることで「伸ばした分だけ走らなくてよい距離ができる」(北京五輪リレー銀メダリストの塚原直貴さん)ため、タイムを速められる。

 

   4選手の100メートル合計タイムで比べると、優勝した米国チームと日本チームの差は0秒69あったのを、リレーでは0秒33まで縮めた。青山学院大陸上部の原晋監督は「(バトンを受け渡しする)双方の選手のスピードが上がり、手も伸びていました」と評価する。

 

   キャスターの立川志らく「わかりやすいね。いまに世界的にやるようになる。娘の運動会でもやるかもしれない」

 

   国山「見事なバトンパスでした」

 

   森井じゅん(公認会計士)「信頼関係があるからできたのですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中