2019年 10月 19日 (土)

「激安遊園地」あっちにもこっちにもある愛知・三河!入場無料、乗り物100円・・・なんで?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「JAPA-NAVI」コーナーで愛知の三河地方を取り上げた。2017年度の主なレジャー・集客施設の入場者数で、東京スカイツリータウン、東京ディズニーランド&東京ディズニーシー、ナガシマリゾートに次いで、4位だったのが愛知・刈谷市の刈谷ハイウェイオアシス(884万人)だ。高速道路のパーキングエリアなのだが、一般道からも入場でき、遊園地に温泉、産直市場などいろいろな施設がある。

   人気の理由は、ズバリ「激安で遊べる」から。入場料は無料、のりものチケットは1回100円。家族連れに聞くと、「(予算は)1日で500円くらいですね」「低価格なので、結構、頻繁に来ています。助かってます」と話している。

   実は、三河にはほかにも激安レジャー施設がたくさんある。同じ刈谷市内の「刈谷市交通児童遊園」は、14の本格的なアトラクションが1回50円で遊べる。

   岡崎市南公園は2人乗りのゴーカートが60円。豊川市交通児童遊園は、なんと開園から47年間ずっとゴーカートは無料だ。

ゴーカートで子供に交通安全教育

   なぜこんなに激安施設が多いのか。刈谷市子育て推進課の三木博之さんが解説した。

   「ゴーカートに秘密があるんです。子供たちに交通安全を学んでもらうための施設だったので、子供たちが来やすい値段でずっとやってきているんです」

   三河の激安施設の多くは1970年代に開園した。この少し前から、日本では自動車の台数が増え、それにともない交通事故も増加して大問題になっていた。愛知県は自動車保有台数が全国でトップクラスだったため、子供たちに交通ルールをしっかり学んでもらおうと、あちこちに施設を作ったのだ。

   博多大吉キャスター「今どき100円くらいで乗れないですよね」

   越塚優アナ「子供たちに大人気で、遠足でもよく行くそうです。ただ、激安を維持するのは非常に大変で、地域の人たちがボランティアで掃除をしたり、修繕をしたり、退職後の人たちが運営に携わることで、なんとか維持しているのが現状なんです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中