2020年 11月 25日 (水)

お笑いコンビ「ミキ」の京都市宣伝ツイートはステマ? 1ツイートで50万円が物議

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   京都市が市の施策PRのため吉本興業に依頼した、お笑いコンビ「ミキ」のツイートが物議を醸している。契約はツイート1 回につき50万円を2回、計100万円を支払うというものだが、「この書き方だと広告だとは思わない」「1ツイート50万円は高すぎる」「税金の無駄遣いだ」などという批判の声がSNSなどで上がっているのだ。

   京都市によると、市が吉本と契約を結んだのは去年(2018年)9月。イベントや広報誌への出演費が200万円、公共交通機関でのPRで120万円、ツイッターのPRが2回分で100万円と総額420万円の契約だった。1か月後の10月には、コンビの2人がそれぞれ2回にわたってツイート。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」というツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグのほか、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。

専門家は「完全にアウトです」、ではミキに責任は?

tv_20191029121526.jpg

   市は「ハッシュタグで『京都市盛り上げ隊』や『京都国際映画祭』とある。京都市のリンクも張ってあるし、問題はないと思っていた。隠そうという意図は全くなかった」と話すが...。

   マーケティングについて研究している南山大学経営学部の川北眞紀子教授は「アウトです。このツイートをするために、お金をもらっているということがはっきりと分からないことが問題です」と指摘。このツイートが、広告主との間に金銭のやり取りが発生しているのにも関わらず、広告だと気づかれないように宣伝を行う「ステルスマーケティング(通称ステマ)」に当たると言うのだ。一方で1ツイート50万円という報酬については「『ミキ』の影響力を考えると妥当な金額だし、目的が達成されれば税金の無駄遣いではない」と話す。

   また、SNSの問題に詳しいウェブメディアコンサルタントの落合正和さんも「PRの明記がないからステマと思われてもしかたない」とした上で、「悪質に消費者をだましてやろうというところまでは見えないと感じました。ただ、税金から支払われているというところで、より消費者の怒りを買ってしまった」と話す。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中