2019年 11月 18日 (月)

自分が出したゴミと大量に廃棄される卵白をバラエティーに。エコや環境問題をからめた点が興味深い
〈やりすぎ地球防衛軍〉(日本テレビ系)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「地球滅亡防止バラエティー」ということで、どんなものかと見てみたら、これがなかなか興味深い内容だった。バカ騒ぎするだけのバラエティー番組とは違い、考えさせられるようなところもいい。
   内容は3本立てで、「自分が出したゴミ全部背負ってシェアハウス計画」「東京中で捨てられている卵白をかき集め巨大マカロン作っちゃう計画」「白塗りデートでイケメンの本性あぶり出す計画」の順に放送された。最初と2つめはエコ問題をからめていたが、最後の「イケメンの本性~」だけは毛色が違った。無理に3本立てにしなくても、エコや環境問題をからめた2本をじっくり見せて欲しかった。
   「ゴミ~」は男女6人がシェアハウスで1週間暮らし、その間、自分で出したゴミは透明の巨大リュックサックに背負って生活するもので、その名も「テラスハウス」ならぬ「ゴミヘラスハウス」。ゴミを背負って生活する絵面(えづら)はインパクトがある。わずか1週間ながら彼らに意識の変化が見られ、最終日、極力ゴミを出さないように最後の晩餐を開く6人の若者に好感がもてた。
   さらに「マカロン」は、昨今、卵の黄身だけを使ったインスタ映えする料理のせいで、大量に廃棄される卵白を集めて巨大マカロンを作ろうというもの。毎日毎日こんなにも大量の卵白が廃棄されていることに驚き。そこに目をつけたのは偉い!「もったいない!」をキーワードに番組を作って、環境問題に一石を投じてはどうか。
(放送2019年11月3日13時15分~)

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中