2019年 12月 16日 (月)

「インフルエンザ・ハラスメント」いまどきこんな上司いるの?高熱でも出勤を強要

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「新たなハラスメントが生まれています」と若林有子キャスターがとり上げたのは、SNSで物議をかもしているインフルエンザ・ハラスメントだ。「休みたいと連絡したら、上司に『評価が下がる』と言われた」「すぐに出社しろと怒鳴られた」といったというのだ。

   去年(2018年)のインフルエンザ感染者の5人に1人がこのハラスメントにあったという(民間の酒造会社調べ)。「自己管理をちゃんとしていない」といわれた男性会社員や、「休むなら代わりを探してこい」と要求されたアルバイト女性もいる。

厚労省は「発症5日・解熱2日」の休み奨励

tv_20191113114341.jpg

   キャスターの立川志らく「なんでもハラスメントといえばいいわけじゃないが、これはたしかにハラスメントだな」

   司会の国山ハセン「じゃあ辞めろと言われたり、外回り営業を強要されたのもありました」

   沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「今どきこんな会社あるんですかあ」

   西村博之(2ちゃんねる開設者)「周りにうつったら、会社としてはマイナス。この上司、無能なのではないですか」

   厚生労働省によると、インフルエンザにかかったら、学校では発症後5日かつ解熱後2日が経過するまで出席停止だが、企業に規定はない。

   髙橋知典(弁護士)「パワハラにあたる可能性があります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中