2019年 12月 16日 (月)

「部屋にカメラ設置して私生活提供すると月20万円」トイレも風呂もすべて丸見え!あなたはやる?やっぱり嫌?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「自分の部屋にカメラを設置して、トイレも脱衣所も寝室もすべて私生活を提供してくれれば月20万円支払います」と、東京都内のIT会社「Plasma」が募集したところ、すでに820人以上が参加申し込みがあった。

   街で聞くと、賛否両論だ。20代女性は「そこまでしてお金が欲しいのでしょうか」、30代女性は「トイレとかお風呂とか無理だよねえ」、40代女性は「自分のプライバシーを守りたい」、60代女性は「いやあ、ちょっと考えられない」と、一様に否定的だ。

応募した29歳女性「抵抗ありません。面白い」

tv_20191113120207.jpg

   ところが、応募した29歳の女性は「抵抗はないですね。もともと実証実験にすごく興味があって、いろいろ新しいことに挑戦したいと思っていました。自分が普通に生活しているもの自体が価値になるのであれば、面白いビジネスだなと思いました」と話す。

   月収約10万円でアルバイトしている男性(33)は、「報酬を使うのは生活費。それと知り合いに10万円くらい借金があり、とりあえず返金したい。脱衣所やトイレについては、病院で診察受けるときと同じ感覚。カメラを置くだけでお金をもらえるなら、こんな楽なアルバイトはない」と割り切っている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中