2021年 1月 19日 (火)

「部屋にカメラ設置して私生活提供すると月20万円」トイレも風呂もすべて丸見え!あなたはやる?やっぱり嫌?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

820人以上が参加申し込み、5つの企業から問い合わせ

   「Plasma」の遠野宏季社長は「ご自身の部屋の日常生活を、すべて死角なく動画でとらせていただく代わりに、お金を提供するといったシンプルな企画になっています。トイレにカメラを設置する理由は、トイレにどれくらい長くいるとか、頻度などを見て、病気や生活習慣を見ることができますし、脱衣所や洗面所では化粧や身だしなみについて、化粧品会社などが興味を持たれるのではないかと思っています」

   すでに5つの企業から問い合わせがきているという。

   司会の羽鳥慎一「どうですか」

 

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「個人的にはいやですが、こういうビジネスが成立する背景はよく理解できます。というのは、いまリアルなデータが一番価値があるんですよね。20万円は安いと思います。ただ、参加する人は集めたデータがどう使われるか、リスクについて知っておくべきですね」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中