2020年 11月 30日 (月)

減塩弁当のほうが実は美味しい!?言われないで食べたらホントにそうだった

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   厚生労働省が定める1日の食塩摂取量の目標値は、男性8グラム、女性7グラムだが、実際は日本人は平均で約10グラムも摂取している。塩分の取り過ぎは動脈硬化や脳卒中などのリスクが高めるとあって、イギリスでは国を挙げて減塩を推進し、8年かけて国民全体で平均1.4グラム摂取量を減らすことに成功した。脳卒中や心臓病の死亡率は40%も減少したという。

   小林孝司アナが日本でも「減塩食品が進化している」と紹介した。大手食品メーカーで減塩食品を開発する野村善博さんは、納豆に含まれるネバネバ成分「ポリグルタミン酸」を食品に加えると、塩味を強く感じられることを発見した。現在、大手コンビニチェーンの弁当・麺類などの減塩商品を開発中だ。

コンビの食品は知らないうちに「こっそり減塩」に

   ある日の打ち合わせでは、「かき揚げそば」の従来品と、ポリグルタミン酸を加えて15%減塩した試作品を用意して試食した。商品・物流・品質管理本部の山岡美奈子さんは「現行品と比べて、全然こっちのほうがおいしいです。正直、食べるまでは『減塩イコールおいしくなくなるけど、どこまで許せるか』みたいなところなのかなって、うがった見方をしていたんですけど、びっくりです」と、その味に驚いていた。

   野村さんの試作品は、かき揚げそばの食塩含有量は5.0グラムから4.2グラムに減っている。ソース焼きそばは7.4グラムから4.3グラム。ただ、減塩であることは消費者に教えず、こっそりやるのが減塩を進めるポイントだという。

   慶應義塾大学医学部の伊藤裕教授は「小さい時に養われた味覚はなかなか変えられないので、意識してやろうとすると、実は減塩は難しいんです。知らないうちに減塩食品があふれている世の中が作り出されるのがいいと思います」と話す。

   減塩に成功したイギリスも、政府と食品メーカーが組んで「こっそり減塩」を進めたのだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中