2020年 2月 25日 (火)

悪性リンパ腫を生報告した笠井信輔アナ 「とくダネ!」が治療生活を密着リポート

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   きのう19日(2019年12月)の「とくダネ!」で、悪性リンパ腫の治療を受けることを生報告した元キャスターの笠井信輔アナは、その足で東京都内の病院に入院した。きょう20日には、抗がん剤を注入する管を通す「CVポート」という装置を肩に付ける手術を行ったという。

tv_20191220143601.jpg

   きのう19日(2019年12月)の「とくダネ!」で、悪性リンパ腫の治療を受けることを生報告した元キャスターの笠井信輔アナは、その足で東京都内の病院に入院した。きょう20日には、抗がん剤を注入する管を通す「CVポート」という装置を肩に付ける手術を行ったという。

「東京オリンピックまでに復活します」

   笠井の治療生活に、「とくダネ!」は密着する。笠井は「短くてもいいです。久しぶりに笠井の闘病を見てみようか、それでも構いません。病室にカメラが入ったら、確実に僕は気合が入る。その姿を見せたいという気持ちと共に、見ている人に『頑張らなきゃ』っていう力づけになることは間違いない。東京オリンピックを一つの目標に復活しようと思っている。帰ってきます。元気がなくなる姿も見せると思うけどそれも現実ですので・・・」

   司会の小倉智昭「抗がん剤治療がどれだけ苦しいか、彼は想像していると思うけど、実際に体験していないから、これから辛いと思う。この病気は絶対安静が一つの条件になるようなので、無理をしないで休んだ方がいい。調子のいい時だけ皆さんに報告すればいいよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中