2020年 11月 28日 (土)

悪性リンパ腫を生報告した笠井信輔アナ 「とくダネ!」が治療生活を密着リポート

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   きのう19日(2019年12月)の「とくダネ!」で、悪性リンパ腫の治療を受けることを生報告した元キャスターの笠井信輔アナは、その足で東京都内の病院に入院した。きょう20日には、抗がん剤を注入する管を通す「CVポート」という装置を肩に付ける手術を行ったという。

tv_20191220143601.jpg

   きのう19日(2019年12月)の「とくダネ!」で、悪性リンパ腫の治療を受けることを生報告した元キャスターの笠井信輔アナは、その足で東京都内の病院に入院した。きょう20日には、抗がん剤を注入する管を通す「CVポート」という装置を肩に付ける手術を行ったという。

「東京オリンピックまでに復活します」

   笠井の治療生活に、「とくダネ!」は密着する。笠井は「短くてもいいです。久しぶりに笠井の闘病を見てみようか、それでも構いません。病室にカメラが入ったら、確実に僕は気合が入る。その姿を見せたいという気持ちと共に、見ている人に『頑張らなきゃ』っていう力づけになることは間違いない。東京オリンピックを一つの目標に復活しようと思っている。帰ってきます。元気がなくなる姿も見せると思うけどそれも現実ですので・・・」

   司会の小倉智昭「抗がん剤治療がどれだけ苦しいか、彼は想像していると思うけど、実際に体験していないから、これから辛いと思う。この病気は絶対安静が一つの条件になるようなので、無理をしないで休んだ方がいい。調子のいい時だけ皆さんに報告すればいいよ」

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中