2020年 11月 30日 (月)

触らない「新型痴漢」にご注意 「ハアハア」「フンフンフン」と鼻息が超荒い。犬じゃあるまいし

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   最近、触らない「新型痴漢」が横行しているという。どんな痴漢なのか。痴漢問題に詳しい銀座さいとう法律事務所の齋藤健博弁護士は、「具体的には匂いを嗅いだり、息を吹きかけたり、カバンを押し当てたり、女性側に直接には触れない形の痴漢。自分の手で触れていないのでいいのだ、という言い訳ができる」と説明する。

   街で女性に聞くと、「満員電車に乗っていたら、すごく息が荒くて、ずっと、『ハア、ハア』と言われて」(20代)、「満員電車で鼻息、めっちゃかけられた。鼻息が『フンフンフンフン』と前髪が揺れるくらい。気持ち悪いから体を引くんですけど、揺れると一緒にまた寄ってくる」(20代)、「お尻にカバンを押し付けられてきた。手だと触ってるなと確信できるけど、カバンだと触っていると言えない」(20代)。

スマホ機能を使い、わいせつ画像を送り付ける手口も

tv_20200107131441.jpg

   スマホの機能を使った「エアドロップ痴漢」という新型もある。iPhoneなど一部の製品についている機能の1つで、画像データなどを近くにいる相手に送ることができる。これを悪用して見知らぬ相手にわいせつ画像を送り付けるのが「エアドロップ痴漢」だ。

   男性からは戸惑いの声がある。「線引きが難しい。故意にやっている人と、そうじゃない人が難しい。息もかかっちゃいけないとなると、マスクするか、上を向くかしかないですね」(20代)。

   司会の国山ハセン「新型痴漢、知っていましたか?」

   キャスターの立川志らく「いやいや、知らないです」

   新型痴漢にどうしたらいいのか。コメンテーターの高橋知典(弁護士)は、「直接、触らなくても匂いを嗅ぐなどの一般的にみて、相手を恥ずかしくさせる、不安を覚えさせる行為をすると、犯罪行為にあたる可能性が出てくる」と解説する。

   去年(2019年)、関東の私鉄の構内で男性が女性の髪の匂いを嗅ぐような行為をして迷惑防止条例で検挙され、福岡市の地下鉄では乗り合わせた女性に裸の画像を送り付けたとして男が書類送検されたという。

   志らく「証拠が難しいですね」

   高橋「目撃者など、周囲の助けが必要です」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中