2020年 1月 23日 (木)

みかんを腐らせない「長期保存法」が和歌山・有田にあった!すぐ箱から出して上下逆転

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「JAPA-NAVI」コーナーで、モデルの三戸なつめが「みかん王国」和歌山・有田を訪れた。この時期、去年暮れに段ボールで買ったみかんにカビが生え、腐り始めていないだろうか。長持ちさせる保存方法を、JAありだ 営農指導課の吉川敏之さんに聞いた。

   箱で買ってきたみかんは、まずすべて取り出す。この時、上段のみかん、中段、下段と3つに分ける。押尾駿吾アナが「層によってみかんの状態が違うんでしょうか」と聞くと、吉川さんは「トラックで輸送されてきているので、下のみかんはダメージを受けていて、傷みやすいんです」

   三戸は「やっぱり、下の方のみかんは柔らかい気がします。押されてるから」

袋買いはザルに移し替え

   分けたみかんを箱に戻すときは、湿気対策として箱の底に新聞紙を敷き、上段にあったみかんから、今度は逆に入れていく。そして、上段、中段、下段のそれぞれの間に、折った新聞紙を挟み、除湿効果を上げる。

   吉川さん「箱を涼しい、風通しのいい場所に置いておけば、かなり長持ちすると思います」

   みかんを袋で買ったときは、ざるに移し替えて保存するのがベストだという。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中