2020年 12月 1日 (火)

「ナイトブラ」「育乳ブラ」は効果なし!医師がキッパリ「垂れた乳は戻りません」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「おっぱい」を大特集した。女性の乳房は、早ければ20代から下に横にと流れ落ちる。運動による揺れはもちろん、日常生活の中でかかる重力も垂れの原因だという。下着メーカー主任研究員の坂本晶子さんは、「垂れていくスピードは人によって違いますが、垂れてしまったものは戻らないと考えています」と、がっくりすることを言う。

   乳腺外科医の土井卓子さんが、乳房が垂れてしまうメカニズムを解説した。「若い時は乳腺がしっかりしていて、乳房が固いので垂れないんですが、高齢化したり授乳すると、だんだん乳腺が脂肪化していって柔らかい乳房になり垂れていきます」

「寄せれば大きく見えますが、脱げば同じ」

   最近では、寝る時に着けることで垂れが予防できるとうたう「ナイトブラ」も定番になりつつあるが・・・。土井医師は「効果はないと思います。寝る時は胸は横に垂れるので、それを抑える効果はあると思うんですが、外せば垂れますからね。ただ、別の意味合いがあると思うんです。月経の前や更年期には乳房が痛みますが、支えておくだけでも楽になります。そういう意味はあります」

   安部みちこアナ「最近、ネットで販売されているナイトブラの中には『育乳』効果をうたっているものもあるんですが、これはどうなんでしょうか」

   土井医師「医学的には育乳って言葉はありません。下着で乳房が大きくなるとか、育つということはありえないです。脂肪を中に寄せることを続ければ、ちょっと大きくなったようには見えますが」

   ゲストの松本明子(タレント)「垂れたら修正はできないということですか」

   土井医師「見た目は修正できますが、乳腺そのものは変わらないです。脱げば同じです」

   なんとも、身もふたもない特集でした。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中