2020年 4月 5日 (日)

「ナイトブラ」「育乳ブラ」は効果なし!医師がキッパリ「垂れた乳は戻りません」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「おっぱい」を大特集した。女性の乳房は、早ければ20代から下に横にと流れ落ちる。運動による揺れはもちろん、日常生活の中でかかる重力も垂れの原因だという。下着メーカー主任研究員の坂本晶子さんは、「垂れていくスピードは人によって違いますが、垂れてしまったものは戻らないと考えています」と、がっくりすることを言う。

   乳腺外科医の土井卓子さんが、乳房が垂れてしまうメカニズムを解説した。「若い時は乳腺がしっかりしていて、乳房が固いので垂れないんですが、高齢化したり授乳すると、だんだん乳腺が脂肪化していって柔らかい乳房になり垂れていきます」

「寄せれば大きく見えますが、脱げば同じ」

   最近では、寝る時に着けることで垂れが予防できるとうたう「ナイトブラ」も定番になりつつあるが・・・。土井医師は「効果はないと思います。寝る時は胸は横に垂れるので、それを抑える効果はあると思うんですが、外せば垂れますからね。ただ、別の意味合いがあると思うんです。月経の前や更年期には乳房が痛みますが、支えておくだけでも楽になります。そういう意味はあります」

   安部みちこアナ「最近、ネットで販売されているナイトブラの中には『育乳』効果をうたっているものもあるんですが、これはどうなんでしょうか」

   土井医師「医学的には育乳って言葉はありません。下着で乳房が大きくなるとか、育つということはありえないです。脂肪を中に寄せることを続ければ、ちょっと大きくなったようには見えますが」

   ゲストの松本明子(タレント)「垂れたら修正はできないということですか」

   土井医師「見た目は修正できますが、乳腺そのものは変わらないです。脱げば同じです」

   なんとも、身もふたもない特集でした。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中