2020年 12月 1日 (火)

中学の数学テストで「2点」をとった大野智。「これはすごい!」「取れない!」と額縁に飾った大野母もすごい!

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「VS嵐」(2020年1月30日夜7時~・フジテレビ系) 受験シーズン到来に合わせ、嵐メンバーが「テストの思い出」について語った。口火を切ったのは、リーダー大野智。最近試験を受けたことから、進行役の櫻井翔がご指名。大野が受けたのは小型船舶免許。2級を受験して合格後、難関の1級を受験。見事満点合格という快挙を達成した。

   テストと聞いただけで頭痛がする勉強嫌いの大野ながら、「やればできんだなって本当思った」と照れながら話す。さすがリーダーと一同祝福ムードの中、大野は真逆な発言を始めた。「俺、数学のテスト2点取ったことあんのね」。普通なら100点取った話題を続けて、自慢話エンドレスに持っていくもの。しかし大野は違っていた。「それ親に見せたら、額買ってきてくれて、ほんで、家に飾ったから」「これはすごい!」「取れない!」と持ち上げられたようだ。

慶応大学で「0点」をとった櫻井翔は額縁に入れてもらえず

   大野がパーソナリティーを務めていたラジオ番組でも、この話題にふれたことがある。中学時代、数学のテストで2点をとった。全問答えを記入し、たまたま最初の設問で勘が当たって2点をゲット。母親に見せたら怒られることもなく、額に入れて飾ることになった。その記念すべき答案は大切に実家で保存されていると話していた。ラジオでは0点を取って落ち込むリスナーに、大野は「立派な額縁に0点の答案を入れて飾ってほしい」と大野流エールをおくっていた。

   慶応出身の優等生、櫻井翔も0点をとったことを告白。それは大学時代、嵐として超多忙だった頃。高校時代と違って、試験範囲が広くて勉強が間に合わないため、櫻井は試験に出そうな範囲を3パターンに分け、そのうちの1つを選んで猛勉強した。ところが、ヤマは見事に外れ、勉強してない箇所からの出題だった。手も足も出ない櫻井、90分間の試験時間、問いに斜線を引き、自分が勉強した箇所の問いを作成、その答えまできっちり書きあげたという。この努力は報われることなく、無念の0点に。さぞや悔しかったに違いない。

   大野母の褒めて伸ばす教育法を「素敵だねえ、そこで怒るんじゃないのが素敵だねえ」とうらやましがった櫻井。子供の個性に合わせ、ほめて伸ばす育て方をした大野母。この母にしてこの息子あり、だ。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中