2020年 8月 7日 (金)

「自転車は車道」が正しいのに...幅寄せや急ブレーキでいやがらせをするドライバーが多すぎ!

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   車道を走る自転車に対し、車による嫌がらせが横行している。視聴者提供の動画で見る限りでも、自転車に幅寄せしたり、前に無理やり割り込んだり...。ひどい場合は、割り込んできて急ブレーキをかける、信号待ちしている自転車に前の車が突然バックするなどのケースもあった。

   「グッとラック!」の調べでは、自動車ドライバーの8割以上が自転車に対し「イラッとしたことがある」と回答している。その理由は「渋滞中、車の横をすり抜けていく」「急に車道に飛び出してくる」「斜め横断をどこでもする」「当たり前のように信号無視をする」など。ドライバーからすると、ルールを守らない自転車ユーザーへの不満がたまっているようだ。

主婦の80%が「車道を自転車で逆走したことがある」

tv_20200210125429.jpg

   実際、自転車事故は通勤や配達、シェア自転車などで自転車を使用する人が増えた2016年ころから増えた。都内では、事故件数は2016年には1万1218件だったが、2019年には1万3094件に上った。事故のほとんどは対自動車だ。自転車活用推進研究会の小林成基さんは、事故が増えた理由を「自転車の人も車のドライバーも、自転車のルールが複雑すぎて理解できていない」と話す。

   「日本は1970年に自転車は歩道を通行してもいいとしてしまった。そこから50年もたち、車に乗る方も『自転車は歩道』と思いこんでいる。そういうルールは日本だけです。自転車は原付バイクと同じだと思って、自転車と車が同じように譲り合うのが本来あるべき姿」と小林さん。

   そのためには自転車側もルールを守る必要があるが、意識は低い。主婦400人を対象にしたアンケートでは、「車道の逆走」をしたことがあると回答した人は320人で、80%にも上った。「これ危ないです。お母さんたちが子ども乗っけているわけでしょう?『すぐそこで右に曲がるからちょっといいじゃない』という感覚が1番まずい。絶対やめてほしい」と小林さん。

   では、いくつかルールをおさらいしてみよう。

日本は自転車のルールが世界一複雑

   基本的に自転車の歩道の走行は禁止されている。例外は13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な人。また、道路工事や路上駐車で車道での走行が危険な場合は歩道を走ってもいい。

   やむを得ず歩道を走る場合は車道側を徐行すること。その場合、前に歩行者がいて追い越せなくてもベルを鳴らすことはできない。鳴らしてしまうと、警音器使用制限違反で罰金2万円以下に課せられることもある。

   キャスターの立川志らく「後ろからチリンチリンって、一番腹が立つヤツです。『どけどけ!』って言われているみたいで。ベルもクラクションも危険を知らせるためのものですから」

   小林さん「『自転車通ります。すみません』と声をかければいいんです。歩道を借りているわけですから」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中