2020年 4月 3日 (金)

「不倫騒動」東出昌大が超硬派ドキュメント映画「三島由紀夫VS東大全共闘」に出演 いったいなぜ?

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   唐田えりかさんとの不倫騒動の渦中にある東出昌大さんが、超硬派の映画にナビゲーターとして出演する。3月20日から公開されるドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」だ。

   日本中に学生運動の嵐が吹きまくっていた1969年5月13日。東京大学駒場キャンパス900番教室で行なわれた、三島由紀夫と東大全共闘による討論会の模様を生々しく伝えるドキュメンタリー映像だ。昨年、伝説といわれる討論会のフィルム原盤が発見されて、高精細映像にリストア、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストらによる三島由紀夫についての「生きた」証言を集めて制作された。

実は三島由紀夫の熱烈愛読者だった東出昌大

   討論会は2時間半にもおよび、三島由紀夫は警視庁の警護の申し出を断って単身で1000人を超える武闘派学生たちと対峙した。映画には三島由紀夫本人や東大全共闘の参加者、「楯の会」の参加者などの姿が映し出されているほか、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴氏らが登場。ナビゲーターを東出昌大さん、企画プロデュースを平野隆氏が担当。監督を務めたのは豊島圭介氏だ。

   それにしてもなぜ東出昌大さんが、こんな超硬派の映画に出演するのか。映画の公式HPによると、東出さんは三島原作の舞台「豊饒の海」に出演し、多くの三島作品を読破してきたという。

   そして、

   「三島と同窓の豊島監督が、どのような視点で映像作品にされるのか、大変興味がありました。(映画の元になった)『討論 三島由紀夫VS東大全共闘』は以前拝読しましたが、映像作品化される事によってよりスムーズに、この時代、日本人、現代を再考し、発見が生まれる機会が得られる事を期待しております」

   とコメントしていた。ただし、現在はこのコメントは削除されている。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中