2020年 11月 29日 (日)

安倍官邸は楽観してた新型肺炎「蔓延」いまさら大慌てで入国拒否やマスク増産しても・・・

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   安倍官邸は新型コロナウイルスの蔓延をよほど楽観視していたのだろう。きょう13日(2020年2月)から、「申請14日以内の滞在歴のある外国人入国拒否」をこれまで中国・湖北省から浙江省にも広げた。外務省は「中国への渡航延期、中国滞在日本人の早期帰国」の呼びかけを「積極的」から「至急」検討に改めた。いまになって大慌てである。

感染者のベッドが足りない

tv_20200213131156.jpg

    坂口孝則(経営コンサルタント)「国内で(重症者の)ベッドが足りないとの報道もあります」

   司会の加藤浩次「感染者が増えることを想定した事前準備が大事ということですね」

   厚生労働省は湖北省から戻った人や周辺関係者を専門に診察する「帰国者・接触者外来」の設置を自治体に要請した。日本大学医学部の早川智教授は「水際対策の強化より、国内対策の強化が必要です」と強調する。経済産業省はマスク増産の企業に補助金を出すことも決めた。

   キャスターの近藤春菜「でも、不安でマスクを買い占めたりしては、いちばん必要な人にいきわたらなくなってしまいます」

   すべてが後手後手である。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中