2020年 8月 13日 (木)

どうした!NHK大河「麒麟がくる」もう息切れか?4話目で視聴率急落

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   最近にない19・1%という高視聴率でスタートを切ったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(総合日曜よる8時)が、まさかの急降下を始めた。2話17・9%(-1・2)、3話16・1%(-1・8)、4話13・5%(-2・6)と、回を追うごとにガクンガクンと落ちているのだ。4話目で13・5%というのは、去年(2019年)の「いだてん~東京オリムピック噺~」よりはましだが、これまでの大河の中でワースト2である。

中高年ファンの違和感

   衣装がカラフルすぎて、昔ながらの戦国時代劇を期待していた中高年ファンがなじめない、アップが多くて落ち着かない、明智光秀役の長谷川博己が華奢な二枚目で戦国侍に見えないなどの不満があるようだ。

   ライバルの裏番組のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」は17・5%と復活している。「麒麟」から流れているのかもしれない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中