2020年 10月 30日 (金)

「悪いのはどっち?不倫をする既婚男と独身女」調査でわかった「男は女に甘いが、女は女に超キビシー!」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   浜の真砂は尽きるとも世に不倫の種は尽きまじ......。というわけで、今年に入っても東出昌大さん(写真・2016年撮影)と唐田えりかさん、鈴木杏樹さん(写真・Pasya/アフロ)と喜多村緑郎さん...と不倫カップルが続々と世間を騒がせている。

   ところで不倫カップルの多くは「既婚男」と「独身女」というパターンだが、いったいどちらが悪いのか? インターネット・データベースサービス提供のオープンサイト(本社・名古屋市)が「悪いのはどっち?不倫をする既婚男と独身女」というアンケート調査を5日(2020年3月)に発表したが、面白い結果が出た。

「男の方が何もしなければ不倫は始まらない」

tv_20200306104227.jpg

   男性と女性では、非難されるべき相手がまるで違うのだ。男性では、「妻子がいるのに不倫をする男が悪い」とするのが85・7%と圧倒的に男が悪く、「妻子がいる男性だと知っていて不倫をする女が悪い」とするのがわずか14・3%だった。ところが女性では、「既婚男が悪い」は58・3%で、「独身女が悪い」が41・7%と、4割以上が独身女を糾弾しているのだ(図表参照)

「既婚男が悪い」とする意見にはこんな声があった。
「妻や子供のことが本当に好きなら女性から告白されても断るべき」(30代、男性)
「普通なら家族のことを思うと裏切れないと思う」(20代、男性)
「父親の浮気で親が離婚した」(30代、女性)
「相手の女性の人生も無駄にさせている」(30代、女性)
「男の方が何もしなければ不倫は始まらないと思う」(40代、男性)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中