2020年 12月 1日 (火)

安倍首相やっと「マスク転売禁止」!ネットやワイドショーは1か月前から提案してたよ

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   安倍首相はきのう5日(2020年3月)、ようやくマスクの転売を禁止した。ネットやワイドショーで「禁止」を求めてから1か月遅れだ。もう、後手の後手の後手である。

   ヤフオクの「マスク905枚」のオークションに、「99億9999万9999円」という応札があった。1枚あたり1100万円だ。実は、ネットでの転売を妨害する手だという。限度額いっぱいの札を入れて、他の応札をブロックしておいて、最後にキャンセルして、出品者に金が行くのを阻止するのだそうだ。

   メルカリは2月4日にマスクの転売を禁止したが、その後これがヤフオクに流れていた。ヤフオクも14日から禁止するという。

天下の愚策!中国・韓国から入国待機――国内感染広がっているときに水際作戦のとんちんかん

tv_20200306131801.jpg

   なぜ足らないのか。群馬県のマスク販売会社に聞くと、中国から製品が届かないのだという。工場では作られているのだが、地方政府が「緊急備蓄資源」だとして輸出を認めない。工場の前に警察車両が止まって、監視している映像があった。

   アルコール消毒液も店頭から消えた。三重では、公共施設の入り口に置いてあった消毒液のボトルが盗まれた。防犯カメラには、鞄に入れて持ち去る男が写っていた。 キャスターの立川志らく「石鹸で洗えばいいじゃない。マスクだって、予防にはならないんでしょ」

   安倍首相は中国・韓国からの入国者に、2週間の指定場所での待機を課し、公共交通機関の利用を控える、発行済みビザの効力停止、受入れ空港を成田と関西空港に限ると決めた。

   これを元厚労相の舛添要一氏は「天下の愚策だ」と噛み付いた。「もう国内に数千人単位の感染者がいるのに、止める意味はありませんよ。むしろ問題の方が多い。経済潰れますよ」「2週間待機というのは、事実上来るなということです」

   日本国内で日本人から日本人に感染が広がっているときに、いまさら水際作戦とはちぐはぐもいいところだ。これも、安倍首相の「私がリーダーシップを発揮してやってる」ポーズの一つなのだろう。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中