2020年 7月 10日 (金)

「麒麟がくる」可愛すぎる信長にネット沸騰!「斬新!」「今後が楽しみになった!」「帰蝶の不敵な笑みは?」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(写真・NHKホームページより)は8日(2020年3月)に第8話が放送され、染谷将太演じる織田信長が本格的に登場し、明智光秀(長谷川博己)と運命の出会いを果たした。

   ネット上では、「こんなお子ちゃま信長見たことない」「いやいや魚を切り売りするとは何と斬新な信長!」と話題沸騰になっている。

「このベビーフェイスで残虐な信長になるわけ?」

   第8話は「同盟のゆくえ」は、漁から帰った信長が獲った大魚を自らさばき、「1切れ1文じゃ。市に持っていけば高く売れるぞ」と庶民たちに大盤振る舞いをして、感謝される。その場にいた光秀に対しても「おまえは要らぬのか?」と声を掛けるが、光秀は遠慮する。2人の視線が交わる。信長が立ち去ると、光秀は「織田信長。奇妙な男じゃ」とつぶやくのだった。

   ネット上では「可愛すぎる」信長に驚きの声が多かった。

   「ずいぶんカワイイ顔した信長だな。このベビーフェイスで残虐な信長なわけね。それはそれで怖い」

   「お子ちゃま顔で迫力まったくなし。キャスティングおかしいでしょ!大河史上最悪の信長になりそう」

   「浦島太郎? 領民に魚を安く提供するんだよな? このワンシーンは従来の信長像ではなく、あくまで民・領民を大切に扱う新しい信長像を一瞬で植え付けようとしている」

   「染谷くんがここからどうやって狂気を感じさせてくれる信長を演じてくれるか期待」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中