2020年 11月 28日 (土)

マスク転売の県議が会見「落札最低額では赤字だった」 ネット販売経営の小倉智昭も「気持ちはわかる」と理解を示すが...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルス感染拡大で品薄状態が続いているマスク。安倍晋三首相はマスク転売に罰則を科すと発表する事態の最中、静岡県議の諸田洋之議員が経営する会社が大量のマスクをネットオークションに出品し、高値で落札されて物議を醸していた。

   諸田県議は2月上旬から少なくとも40回、2000枚入りのマスクを出品。中には十数万円で落札されるものもあった。

   9時半から記者会見に臨んだ諸田県議は「不快に思われた方、ご心配をおかけした方にお詫び申し上げます」と、深々とお辞儀をしたあとネット販売した理由を語った。

政府が転売禁止を打ち出す中「倫理観が疑われても仕方ない」

tv_20200309122102.jpg

   県議になる以前中国から輸入した品物をネット販売する貿易商社を立ち上げていたが、MARSが流行した際に需要が高まったマスクを大量に仕入れたという。しかし、MARSが沈静化して、大量の在庫を抱えていた。在庫を処分するため、これまでも1枚15円のマスクを1枚6円で販売し、プレゼントとしてマスクを渡してきていたと説明。新型コロナウイルスが発生し、発注が1000件を超え、自身と妻、パート社員の3人では発送しきれず、10日間かけて発送した。

   しかし、1枚6円では会社として赤字なので価格を見直す必要が出てきて、「ヤフー!オークションで1円から出品した」と説明。

   初出品は2月4日、3月6日まで89回、2000枚を1セットで出品した。単純平均落札価格は約8万円、総額で888万円の落札額になったという。落札額は最安値で3万4200円、最高額が17万2368円。1枚15円の原価なので、2000枚セットだと原価は3万円だと説明し、「そこに送料などを足すと最低価格の3万4200円では完全に赤字でした」と話した。

   司会の小倉智昭は「僕もネット販売の会社をしているので気持ちはよくわかる。時期が悪かった」とコメント。

   慶応義塾大学大学院特別招聘教授の夏野剛は「政府がオークションはやめるようにと言っている中で、議員の立場で出品したのは紛れもない事実。倫理観が疑われても仕方ない」と指摘した。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中