2020年 7月 9日 (木)

米研ぐ必要ナシ、意外と時短! フレンチシェフ流「たけのこのリゾット」にのんも大満足

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本料理の篠原武将さん、フレンチの秋元さくらさん、中国料理の山野辺仁さんの3シェフが、ゲストに向けてオリジナルレシピを披露する「ハレトケキッチン」コーナー。

   きょう10日(2020年3月)は、ゲストののんさん(女優)のために、春野菜の「たけのこ」料理が振る舞われた。

   秋元さんが作ったのは「たけのこのリゾット」。「フランスではたけのこはほとんど食べないです」(秋元さん)というが、しっかり秋元流のフレンチに仕上げた一品だ。

   秋元さん「15~16分くらいでできるので、米炊くより早く仕上がります」

たけのこが甘い香りのだしに

   ゆでたけのこ(150グラム)は穂先と根元のかたい部分を切り落とし、長さを2等分する。穂先は縦半分に切ってから厚さ4ミリの薄切りに。根元に近い部分は1センチ角に切る。

   フライパンを熱し、サラダ油(小さじ2)をひいたら、たけのこの穂先を入れて中火でソテーする。両面に焼き色が付いたら、塩(小さじ2分の1)を振ってたけのこを取り出す。

   鍋にたけのこの角切り、水(650ミリリットル)、塩(小さじ1)を入れて強火にかけ、沸騰したら2分半ほど煮てフォン(フランス語でだしのこと)を取る。

   秋元さん「リゾットを炊く時はおだしが必要なんですが、鶏のブイヨンとかではなくて、たけのこの香りがするもので炊きたいと思って、今回たけのこでだしを取ったらかなり甘い香りと香ばしいたけのこの旨味が出ました。水煮のたけのこだと香りが弱いので、お家でアク抜きをしたたけのこがいいです」

   ざるでたけのことフォンを分けたら、フォンは鍋に戻しておく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中