2020年 12月 3日 (木)

北九州で56年愛されているソウルフード「オムレット」1個40円!ふわふわのスポンジに甘いクリームがたっぷり

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「JAPA-NAVI」コーナーの名物キャラ「あんまんちゃん」が、福岡・北九州市の「素朴なグルメ」を紹介した。小倉駅近くに位置する商店街のパン屋に、市民から56年前からずっと愛されているケーキがあるという。「オムレット」だ。2つに折られたふわふわのスポンジケーキに、生クリームをたっぷりは挟んだもので、1個なんと40円。みんな、30個、40個と買っていく。

   あんまんちゃんは「実は、娘を想う父の愛が詰まったものなんです」と解説する。店の創業者・奥山信次さんが長女の祐子さん誕生を祝って考案したものだという。その祐子さんが現社長で、「両手の手のひらでオムレットをギュッと握りしめて、『手で味わいながら子供はものを食べるんだ』と父が思って、子供が喜ぶお菓子はないかと作りました」

認知症リハビリ施設でも「なつかしい」と治療効果

   市内の認知症リハビリ施設では、週に2回、おやつとしてオムレットを提供しているが、長年愛されるソウルフードならではの効果があるそうだ。院長の桐谷浩一さんは「昔のことを思い出して、リハビリにつながります。『食べたことあるう』と聞こえてきて、そこから話が広がって活気が出てくるんです」と話す。

   福岡市出身の博多華丸キャスター「もちろん知ってます。懐かしい」

   近江友里恵キャスター「1個40円って安いですね、この時代に」

   廣瀬雄大アナ「子供が自分のお小遣いで買いに行くことができるようにということで、値上げはしているそうなんですが、それでも40円に抑えているということです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中