2020年 12月 3日 (木)

「スカーレット」新型コロナで暗雲の今、武志と真奈のマスク越し「筆談」にネット号泣!「切ない純愛」「2人は最後の希望だ!」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHK連続テレビ小説「スカーレット」(写真・NHKホームページより)は15日(2020年3月)から「小さな希望を集めて」というタイトルの週が始まる。いよいよ川原武志(伊藤健太郎)の白血病との戦いがヤマ場を迎えるが、一方で石井真奈(松田るか)との恋の行方にも目が離せなくなってきた。

   先週末14日の放送で、入院中の武志から「白血病なんだ」と告白された真奈が武志と筆談をするシーンがあった。真奈はメモ用紙にペンを走らせ、武志に見せる。メモを読んだ武志が穏やかな表情で頷くと、真奈は彼の左手を両手で握りしめる。カメラがメモ用紙を映し出すと、「手、つないでもいい?」と書かれていた。ネット上には「こんな純愛、切なすぎる!」「胸キュンだ!号泣!」といった反響が殺到した。

「真奈の筆談は、気持ちを話すと泣いてしまうからだよ」

   ネット上ではこんな声が相次いでいる。

   「武志くんと真奈ちゃんの初々しい筆談でのやり取りは、凄く感動的なラブシーンでしたよね。というか、とても癒されるラブシーンだったと思います。今の閉塞感の漂う世の中では、ちょっと憩える場面でしたね!!」

   「真奈ちゃんが筆談をしていたのは、武志くんに自分の菌をうつさないように、気を使っていたからだよね。そんなことは、見ていてすぐに分かった」

   「同室の患者さんにも気を遣っていたね。とても優しい子だ」

   「そうかあ。武志の病気があまりにショックで急に声が出なくなっちゃったのかな?と思ってしまったのですが...」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中