2020年 10月 24日 (土)

大野智が激変。悔いのない日々を送りたい気持ちが日に日に強くなってきたのか、レギュラー番組で本音炸裂の場面が増えた

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「VS嵐」(2020年3月12日夜7時~・フジテレビ系) 嵐の活動休止まで残り9カ月を切った。普段から物静か、トーク場面で一言も口を開かなかったことさえあった嵐リーダー、大野智がここにきて激変。悔いのない日々を送りたいという気持ちが日に日に強くなってきたのか、レギュラー番組で自己主張し、素をさらす場面が散見されるようになった。

   かつては「眠い」と愚痴ったり、ロケに出て「帰りたい」と訴えたりすることまであったのに、最近は終始明るい表情でおしゃべりにも積極的に参加するように。それに伴い、本音をぶちまけることも増えてきた。年下ゲストが並ぶ中、自身が二番手の年長者と判明したこの回。「年齢差を感じる瞬間はあるんですか?」という意地悪な質問に本音を炸裂させる場面があった。

   「ライブやってて、一通り終わって楽屋で、みんなマッサージするでしょ。最近僕もやってるけど、一時期僕、全然やんなかったんですよ。なぜかって別にそんな疲れてなかったから」と大野。「一番上なのにね」と二宮和也がフォローすると、意外な展開に。「でもみんな楽屋帰ったら、『疲れた~疲れた~』言ってるでしょ。でも、僕はライブん中で正直一番踊ってるでしょ」。

みんな楽屋帰ったら「疲れた~」と言ってるけど、僕は言わないよ

   嵐のライブは3時間超えが普通。アラフォー男性が歌って踊って、ソロコーナーをこなして、合間にトークまでするのはかなりしんどいはず。ましてや大野の売りは嵐一の美声と完璧すぎるダンス。当然それを目当てに集まったファンのために、キレのいい踊りを見せるダンスブロックもあり、大野の疲労度は半端ない。最年少メンバー、松本潤が「踊りのブロックみたいなの、あれやってるよね」と孤軍奮闘ぶりを認めたうえで、「それをそんな言い方されても」と一笑にふす。

   「そういうの経て、僕は楽屋帰って『疲れた』って言わないでしょ。普通ね、3つ下だったら言えないと思うんだけど」とメンバーには耳の痛くなる一言を吐いた。年上の自分が疲れを見せずに大ハッスルして頑張っているのに、年下メンバーが自分より動いてないのにかかわらず愚痴をこぼすとは100年早い、とハッパをかけた格好。画面には「本音炸裂中」のテロップが出て、大野の意見に賛同した対戦チームから「なるほど!」の声が飛んだ。

   「そういうところで、ああ、まだまだだなって思いますね」とドヤ顔でしめた大野。かなりの上から目線だったが、言いたいことを言ってスッキリした様子。だが、しゃべり慣れている松本、話の落とし方が一枚上だった。「それで言うと、『疲れたな』って言葉にしないだけで、あなた死んでるからね、終わったあと」とバッサリ切って捨てたのだ。

   どうやらライブ後の大野はゴール後のマラソン選手のようにすべてを出し尽くし、声すら出ない状態らしい。思わずバツの悪そうな表情を浮かべたものの、口では勝てないと悟ったのか、ニヤニヤ笑いで締めくくった大野だった。この先松本を言い負かすことができるようになるのか、見ものだ。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中