2020年 12月 1日 (火)

東京が武漢になる!市中感染が広がる中、海外から続々と感染者が帰国。「東京封鎖」が現実になるか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染対策について、東京都の小池百合子知事がきのう23日(2020年3月)、イタリアや米ニューヨーク市並みの「都市封鎖」の可能性があると語った。「今後3週間はオーバーシュート(爆発的感染拡大)が起きるかどうかの分かれ道」との認識で、知事として大規模イベントの自粛を強く呼びかけた。

   都内の感染者数はきのう16人と一日では過去最多の増え方をし、このうち5人が海外からの帰国者。都内では帰国者と感染源を特定できない患者の増加傾向があり、厚生労働省専門家チームの試算でも「今後2週間で500人規模の感染者が出る可能性」が指摘されている。小池知事はこれに対応する形で都主催イベントを4月12日まで延期か中止し、都が管理する河川敷などでの宴会にも引き続き自粛を求めた。

「大丈夫っしょ!」みたいに能天気な若者が怖い

tv_20200324114930.jpg

   しかし、きのう上野公園でレジャーシートを敷いて花見をしていた若者は「電車通勤していても変わらない(感染していない)からいいかと思ってやった」「公園に遊びに来た感覚」と気軽に答えていた。

   日本感染学会専門医の佐藤昭裕医師は「若者は感染しても軽症ですむことが多く、自覚症状のない若者から高齢者に感染が広がり重症化する若年クラスター発生の恐れがある」と指摘する。

   箕輪厚介(編集者)「感染者数は増えているのに、緊張感や危機感は緩んでいる。春が来て桜が咲いて『大丈夫っしょ!』みたいな空気を感じる。そこに怖さがある」

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「自粛要請といっても、営業停止や夜間外出禁止などさまざまなグラデーションがある。知事の発言は適切だが、呼びかけるだけでは止められない」

   佐藤医師は「市中感染が広がっているところへ海外からの帰国感染者というのは武漢で流行ったころの状態と似ている。20代から40代に行動制限が必要との意見もあります。封じ込めれば一定の効果があることはわかっているのだから、私たちは備えなければいけない」と注意をうながした。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中