2020年 10月 26日 (月)

志村けんさん死去を「最後の功績」、小池知事発言に「コロナの怖さを伝えた衝撃はそのとおり」「人として心がない」の賛否激論

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   小池百合子都知事が30日(2020年3月)、志村けんさんの死去を「最後の功績」と表現したことについて、ネット上では「人間が死んでいるのに心ない発言だ」という批判がある一方、「コロナの怖さを伝える意味ではそのとおりだ」という同感の声も非常に多く、賛否激論が起こっている。

   小池百合子知事は30日、東京都庁で報道陣のインタビューに応じた。亡くなった志村けんさんについてのコメントを求められると、こう答えたのだった。

   「まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい」

   と語った後、こう続けたのだった。

   「最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています」

  • 志村けんさん
    志村けんさん
  • 志村けんさん

「志村けんさんは、功績をあげるために死んだのではない」

   この発言について、批判的な人の意見はこうだ。

   「誰からも笑い芸が愛されて、親しまれていたケンさんの突然の死に対して、最後の功績、の言葉はやはり誤解を招く比喩言葉だ。生きて笑い芸が万人に認められたことが功績であって、病原ウイルスによって突然亡くなった場合は、数日中は故人に紛らわしい比喩言葉は控えるべきだ。純粋なお悔やみ言葉を述べるにとどめるべきだったと思う」

   「思いがあっても使っちゃいけない言葉がある。小池知事の思いをくみ取れというなら、望まずに死んだ志村けんさんの思いもくみ取れ。志村さんは、功績をあげるために死んだのではない」

   「小池知事の言いたいことはわかるが、使った言葉が不適当だってことだ。立場上もうちょっと注意してしゃべってほしかった。『功績』は完全な上から目線。普通に『犠牲になられた』でしょ」

   「葬儀も済まないうちに言うのは不謹慎とも取れる。ただ功績という言葉の引用については、違和感を持つ、持たないは個人差があり、一般論に落としづらいかな。ただ、失礼に当たるかはご遺族の判断であり、許せる、許せないを我々が論ずる方が失礼だと思う」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中