2020年 12月 5日 (土)

「報ステは番組打ち切りに!」「報道機関にあるまじきいい加減さ!」コロナ陽性の富川アナとテレビ朝日に怒りの声殺到

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   テレビ朝日「報道ステーション」メインキャスターである富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染していた問題で、富川アナ体調不良なのにもかかわらず4日間も出勤、会社に報告が遅れていたことがわかり、インターネット上では「報道キャスターとしてあるまじき行為」と厳しい批判の声が上がっている。

   スポーツ各紙の報道によると、富川アナは3、4日(2020年4月)に38度の発熱があったがすぐ熱が下がった。平熱が続いたことから6日(月曜)に通常出勤した。しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。翌8日に息切れを感じたが9日(木曜)まで出演を続けた。10日に都内の病院に入院。11日にPCR検査を受け陽性が確認された。

  • 富川悠太アナ(テレビ朝日の番組ホームページより)
    富川悠太アナ(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 富川悠太アナ(テレビ朝日の番組ホームページより)

ネットでは「放送中に咳をしている。大丈夫か」と心配していたのに

   また、「社への体調不良の報告は9日だった」というから、発熱のあった3日から1週間近く会社に報告を怠っていたわけだ。インターネット上では7日から「富川さんが放送中に咳をしている。大丈夫か?」という心配の声が上がっていたから、本人も会社も危機意識に欠けていたのは間違いない。

   ネット上ではこんな猛批判の声が上がっている。

   「会社への報告が9日というのが事実なら、報道キャスターとしてあるまじき行為。この時期、一度でも発熱があれば経過観察でしょうが!こういうやつが大勢いるから東京はオーバーシュートになる」

   「3日、4日に38度の発熱があって、9日まで出演したって? 緊急事態宣言は8日に出たんだぞ。新型コロナウイルスの危険性を散々伝えておきながら自分のこととなるとこれだ。このウイルスのパターンの一つは発熱があり、落ち着いてそれから咳、息苦しさって伝えていたじゃないの。まさに自分の症状がそうじゃないか」

   「テレビ朝日にも問題がある。うちの職場では出勤前に必ず熱を測ってくださいね、37・5度以上あるなら必ず会社に報告しなさいね、と社員及び派遣にまで通達されている。もし、3日に発熱があり、会社へ報告したのが9日が事実なら本人はもちろん、会社としても完全にアウトでしょう。毎日コロナの危険を報道する会社の危機管理体制って、これほどまでにお粗末なのですか」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中