2020年 11月 24日 (火)

医療崩壊目前の東京都杉並区が「発熱外来センター」設置 区内4カ所にプレハブやテントを張り、緊急診察

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   東京都杉並区がきのう13日(2020年4月)、新型コロナウイルスの感染対策に「発熱外来センター(仮称)を設置する」と発表した。病棟の一部や病院の敷地内にプレハブやテントを張り、最終的に区内4カ所に用意する。基幹病院の医師と地元の開業医が輪番制で1病院1日10人前後を診察するという。

   杉並区では先々週から先週にかけて、累計感染者数が55人(3月30日まで)から109人(4月6日まで)と倍増しており、開業医の中にも感染を疑われる人がいて「医療崩壊の危機が迫っています」(司会の羽鳥慎一)という状況だった。

本来は政府レベルでつくるべきだ

tv_20200414105748.jpg

   白鴎大学の岡田晴恵教授は「発熱外来センターで、必要な人にはPCR検査を民間に委託してやらせるということです。杉並区は切羽詰まっていますが、これを早急にやらないと医療が崩壊する」と語る。

   菅野朋子(弁護士)「私は杉並区に住んでいるので心強い。一方で(医療関係者に)マスクや防護服が足りないとも聞き、心配だ」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「検査しても結果が出るまでに時間がかかり、結果が分かっても多くの人が待機施設に入ることができない点も問題です」

   青木理(ジャーナリスト)「(発熱外来センターは)政府レベルでつくらないと。最初に検査を絞る態勢をとったやり方のつけが回っています」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中