2020年 11月 28日 (土)

<来週のエール>(第5週「愛の狂騒曲」)
裕一は音に突然のプロポーズ!「僕の音楽にはあなたが必要です」結婚の意志が固い二人に親たちもほだされた

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   昭和5(1930)年7月、関内音(二階堂ふみ)からの別れの手紙をもらった古山裕一(窪田正孝)は、いてもたってもいられなくなり、音が住む豊橋の家を訪ねた。初めて会う音にくぎ付けになった。頭の中にはメロディーが沸いて出てくる。

   裕一に懇願され、音の母・光子(薬師丸ひろ子)は、しばらく裕一を居候させることにした。音には「深入りは禁物よ」と釘を刺すことは忘れなかった。

   音は裕一をオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)と出会った教会や父の遺骨をまいた海に案内した。裕一と音の間はぐんと縮まった。

豊橋の演奏会は大成功!ところが...収益を持ち逃げされてしまった

tv_20200422151508.jpg

   ある晩、お祭りに出かけた裕一と音が帰宅すると、なんと、裕一の父・三郎(唐沢寿明)が待っていた。三郎と光子は2人を別れさせようとする。もちろん、裕一が納得するわけがない。それどころか、いきなりプロポーズしたのだ。「僕のお、お、お嫁にください!」「僕の音楽にはあなたが必要です」

   驚く光子と三郎。そして音に向かって、裕一は一生懸命、自分の音楽には音の存在が必要だと訴えた。結婚も音楽もあきらめないという2人の意志は固く、光子と三郎も味方につけてしまった。三郎は母親や伯父の権藤茂兵衛(風間杜夫)の説得は任せろと言って福島に帰っていった。

   裕一と音が豊橋で開いた演奏会は大成功をした。ところが、収益は興行師に持ち逃げされてしまった。腹を立てる音の傍ら、裕一は「楽しかったがら、いいじゃないですか」とのんきだ。

   裕一は音との婚礼の準備をするため、張り切って福島へと向かった。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中