2020年 7月 10日 (金)

「恋はつづくよどこまでも」再放送、大ヒットから一転猛批判!「病院内のキス、ハグは濃厚接触!」「コロナと戦っている医療関係者に不謹慎!」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   新型コロナウイルスの拡大によって4月期ドラマの大半が延期され、多くのテレビ局で過去の人気ドラマの再放送でしのいでいるが、ちょっと前は大評判だったのに今、思わぬバッシングを受ける羽目になったドラマがある。

   上白石萌音と佐藤健共演のTBS系の医療恋愛コメディー「恋はつづくよどこまでも」だ。火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(多部未華子主演)のピンチヒッターとして、4月14日から「胸キュン!ダイジェスト版」と放送している。

   しかし、病院内で医師と看護師があからさまにキスだのハグだのを繰り返す内容に、ネット上では「コロナと戦っている医療関係者を馬鹿にしている!」「濃厚接触し過ぎだろう!今再放送するドラマか?」と猛批判を浴びているのだ。

  • 「恋はつづくよどこまでも」の濃厚接触(TBSの番組ホームページより)
    「恋はつづくよどこまでも」の濃厚接触(TBSの番組ホームページより)
  • 「恋はつづくよどこまでも」の濃厚接触(TBSの番組ホームページより)

「再放送で今見ると、『密』が気になり不快感しかない」

   同ドラマは、上白石萌音が主人公の新人看護師、佐藤健が「魔王」の異名をとるドSのイケメン医師を演じ、2人の「胸キュン」ラブシーンが回を追うごとに話題を呼び、3月17日に放送された最終話の視聴率は15.4%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、「恋つづ」ブームを巻き起こした。

   TBSとしては、放送を終えたばかりというのに数々の「胸キュン」シーンが詰まったスペシャルダイジェストを放送、再び視聴率を稼ごうとしたのかもしれないが、時期が悪く、裏目に出た形だ。ネット上では熱狂していた元ファンからも批判の嵐が吹いている。

   「恋つづ、前にやっていた時は佐藤健カッコイー!となっていたけど、今見たら気持ち悪い。あんなに佐藤健に沸いていたのに、すごく冷めた。何でこれに沸いていたんだろうとすら思う」

   「とにかくラブシーンが生々しく、濃厚接触しすぎ。キスしまくりで、しかも、唇の形が思いきりゆがみ、唇同士の間で糸を引きそうなほど激しい。再放送で今見ると、気持ち悪い。『密』が気になってしまい、不衛生に思えて、気になって仕方ありません」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中