2020年 10月 20日 (火)

「M 愛すべき人がいて」の原点「奪い愛、冬:傑作選」再放送にネット大興奮!「水野美紀怖すぎ!」「こんなチャラけた三浦翔平は嫌だ~」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2つのカップル同士どころか、男女合わせて約6人のドロドロ「六角関係」の不倫を描いたテレビ朝日系ドラマ「奪い愛、冬:傑作選」第1話が23日(2020年5月)に放送され、ネットは興奮の渦となっている。

   カルト的人気を博した、浜崎あゆみとエイベックスのプロデューサー松浦勝人とのドロドロ愛憎劇を描いた「M 愛すべき人がいて」がコロナ禍により中断に追い込まれたため、3年前に放送された同ドラマを編集して再放送した。

  • 「奪い愛、冬:傑作選」(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「奪い愛、冬:傑作選」(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「奪い愛、冬:傑作選」(テレビ朝日の番組ホームページより)

「六角関係」を描く衝撃のノンストップ愛憎劇

   「M 愛すべき人がいて」と同じ鈴木おさむが脚本を担当し、三浦翔平、水野美紀らが大暴れする「衝撃のノンストップ愛憎劇」の話題作だからだ。つまり、「M」の原点は「奪い愛」にあるというわけだ。

   物語は、デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)は、恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。建設会社のコンペに参戦することになった2人は会場に向かうエレベーターの中でキスをする。その瞬間、光は開いた扉の向こうにライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)を見て、衝撃を受けた。

   信こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして3年前に突然姿を消した男だった。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信への愛情。一方、一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず身辺を調査する「鬼の姑」。さらに信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫が浮気に走らないよう鋭く目を光らせる、凶暴さと狂気をはらんだオンナだった...。

   まともな人物がほとんど登場しないという、ぶっ飛んだドラマなのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中