2020年 11月 29日 (日)

黙々と食べる給食、接触禁止の実験や部活...子供の学校生活が様変わりだが、大人は居酒屋で飲んで喋ってOKっておかしくないか

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   長期にわたって休校していた東京都内の学校もようやく再開した。番組では、様変わりする「新しい学校生活様式」を取り上げた。

   葛飾区の立石中学校では、生徒が密にならないよう体育館に机を並べクラスごとに入れ替わりながら学級活動を行った。その際、生徒たちに渡されたのは、透明のフェイスシールド。先生方20人の手作りで368人全員分をプレゼントしたという。

学校の休み時間でも一切の私語が禁止

tv_20200602115740.jpg

   大きく変わったのは給食だ。品川区の第一日野小学校では、生徒たちが一切おしゃべりせず黙々と食事をとっていた。配膳はせず、あらかじめ盛り付けられた中華丼、ゼリー、牛乳を生徒が取りにいく。しばらくこのスタイルが続く。

   司会の国山ハセン「授業の遅れを取り戻すため、学校の行事にいろいろな影響がでています」

   江戸川区の小学校の場合、5月の予定だった運動会は中止、夏休みは8月8日から24日までの17日間に短縮、10月予定の修学旅行は実施未定、11月予定の文化祭は中止。

   鴻上尚史(作家・演出家)「いきなりゼロというよりも何か代わりになるものを考えてあげた方がいいなと思います」。

   小林寅喆教授(東邦大)「未知のことなので何が正しいかがわからない。大事な点は基本的な感染対策をきちんととっていくこと」という。マスクやフェイスシールドについても「取りあえずやっておけば安全だろうといってやっているケースがかなりある。本当に必要なのか、何のために必要なのかをもう一回議論したほうがいい」

   授業でも変化を強いられた。文科省の指針では、理科では実験や観察を避け教科書で授業、図工や家庭科では共同制作や実習を避ける、部活では個人練習を増やす、休み時間は私語を慎み、距離を保つ...その他もろもろだ。

   西村博之(2ちゃんねる開設者)「子供たちばかり厳しくするのは間違っている。大人は普通に居酒屋で食っちゃべってるじゃないですか」

   キャスターの立川志らく「気を付けるのは先生の方。先生が感染して家に持ち帰ると怖い、それをどう防ぐか」

ムギ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中