2020年 11月 30日 (月)

志村けん 最後のテレビ出演...けさの朝ドラ「エール」で頑迷固陋な大御所作曲家!柴咲コウにやり込められてギャフン

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

    けさ3日(2020年6月)のNHK連続テレビ小説「エール」48話(総合あさ8時)に故志村けんが出演し、国際的なオペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)に頑迷固陋ぶりを非難される大御所作曲家、小山田耕三役を好演した。

   主人公の古山裕一(窪田正孝)が作曲した「船頭可愛や」はまったく売れず、とうとうコロンブスレコードとの専属契約も解除の危機に追い込まれる。妻の音(二階堂ふみ)から窮状を聞いた双浦環は、「私に歌わせてほしい。もう1度レコードを出すのよ」と言い出した。

  • 志村けんと柴咲コウ(NHK「エール」の番組ホームページより))
    志村けんと柴咲コウ(NHK「エール」の番組ホームページより))
  • 志村けんと柴咲コウ(NHK「エール」の番組ホームページより))

新型コロナウイルスで入院直前に収録

   環から「船頭可愛や」を再レコーディングすると言われて裕一も音も大喜びだが、難問があった。コロンブスレコードを牛耳っている小山田先生が承知しないというのだ。双浦は小山田の自宅に乗り込む。「船頭可愛やの件です。なぜ反対されていらっしゃるのか」と語気鋭く迫る。

   小山田は「青レーベルは西洋音楽、赤レーベルは歌謡曲。そういうルールだ」と反論する。コロンブスレコードには厳然とした区分けがあって、歌謡曲の若造の曲を双浦が歌って青レーベルで出すなどまかりならんというのだ。

   双浦は憤然とし、そして言い放つ。「その目...、私、同じ目を見たことがあります、ドイツにいた頃。先生と同じ目をした芸術家たちを、たくさん見ました。彼らはみんな、自分の立場を脅かす新しい才能に敏感です」

   そう言われて小山田はぎょっとし、「フッ、ばかばかしい」とつぶやくのが精いっぱいだった。

   山田耕筰がモデルの老作曲家の狡猾さと不安を、志村はたった1分半の芝居で表現しきった。これ以降の小山田の出演シーンは予定されておらず、志村もけさが最後の出演のようだ。収録は新型コロナウイルスに感染して入院する直前の3月半ばに行われた。顔色も健康そうだったが......。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中