2020年 11月 29日 (日)

〈ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!〉(日本テレビ系)
名物企画「ハイテンション ザ・ベストテン」もリモート開催!自宅ならではの恥ずかしさや悲しみも

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   「ガキの使い」おなじみの、芸人が極限のハイテンション芸を披露する企画「ハイテンション ザ・ベストテン」も、ご時世に合わせて「自宅でハイテンション ザ・ベストテン」となって登場。今回は出場芸人が自宅からリモートで生のトークをし、事前に収録したハイテンション芸の映像を一緒に見る形に。感染対策のため、スタッフによる小道具・セットの製作もナシ。撮影も自分や家族でやらなければならない。

  • 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビの番組ホームページより)
    「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビの番組ホームページより)
  • 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビの番組ホームページより)

近所迷惑を恐れて全然声が出ておらず、ローテンションに

   万年10位のココリコ田中はリモートでも10位で登場。タイトルは「アマビエ様お願いします、世界の為に!」。だが、近所迷惑になるのを恐れてか、全然声が出ておらず、ハイテンションになっていないのをダウンタウンにツッコまれる。田中によると「スタンバイ中に、高1の息子とバッタリ出会いまして...(苦笑)」と自宅ならではの気まずさがあったようだ。

   9位は初登場の霜降り明星・せいや「ステイホームで壊れたおっさん」。前半は声量もテンションもイマイチだったが、後半は転調し、ダウンタウンからも一定の評価に。声量不足についてせいやは「世田谷では限界です、あれが」との弁。10位の田中も「僕も世田谷なんですが、あんなに声出していいんだと思いました」。

   8位も世田谷区在住の次長課長・河本で、「肩こり解消教えましょう!!」。ふんどし姿で前出の2人よりは声量も出て、途中からリビングからキッチン、風呂場へと移動し、通常版では出来ない大きな動き方でまずまずの評価。最後は逆立ちして股間を丸出しにするなど体を張っていたが、実は息子さんが撮影を担当。松本に「息子さんの笑い声は全く入らない」と言われ、何とも言えない表情になる河本に、浜田も「今になって悲しくなってきたんじゃないですか?」。 (2020年6月28日(日)夜11:25放送)

鯖世傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中