2021年 5月 11日 (火)

寝ている間に一気に泥水が街を襲った熊本豪雨 気候変動の今、全国どこでも起こり得る危険だ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

気候変動の影響でこんな豪雨はどこでも降る

   しかし、これは球磨川だけの問題ではない。小松利光さんは、

   「1番の原因はすごい量の雨が降ったこと。今回のような雨なら、どこで降っても溢れる。気候変動の影響もあると思います。このくらいの雨が降るようになっている今、防災をするのは非常に難しい状況になっている。防ぐのではなく、なんとか命や財産を守ることを考えるべき時期だと思います。空振りでもいいから、早め早めに避難をし、自分の命は自分で守ることを徹底した方がいい」

と警鐘を鳴らす。

   今後8日にかけ、梅雨前線は西日本、東日本に停滞する。すでに500ミリ、600ミリという雨が降っているところでは、地盤やインフラ、家などが傷んでいるので、それを念頭に対策をとった方がよい。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「大雨特別警報の意味はなんなのか。災害が起きている時に出したのでは避難しようにもできない。特にこれだけ短時間に激しく降る場合は。もっと前に工夫することはできないのでしょうか」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中